ゲイのハッテン場体験談・池袋OWL(アウル)はこんなところ

ゲイのハッテン場体験談・池袋OWL(アウル)はこんなところ
Pocket

池袋のハッテン場「OWL」(アウル)へ行こうか迷われていますか。行ったことのないハッテン場はどんなところなのか気になりますよね。実際に池袋OWL(アウル)に行ったゲイの体験談をお届けますので、参考になれば幸いです。

体験者プロフィール

現在の年齢:26歳
居住地:東京都
職業:営業
自分のタイプ:タチ
自己紹介:
私は168cm、55kgのイケメン系です。好みのタイプは自分と同い年で、共通の趣味がある人です。ハッテン場は23歳でデビューし今は毎月4回程通っています。

池袋 OWL(アウル)の利用時期:2017年12月頃

池袋 OWL(アウル)に行ったきっかけ

私は、ハッテン場に行きはじめた当初は、他の店舗(鶯谷 ICHIJO)ばかり通っておりなかなか良い出会いがなく、これではハッテン場に通っている意味がないと感じていました。

24歳になった時に他のハッテン場に行ってみようと思いたちました。アウルに行ったきっかけは、私の友人もゲイでありその友人からの紹介で行くことになりました。

池袋 OWL(アウル)はこんなところ

池袋駅で降り北口を出て線路沿いに進み、徒歩3分くらいでお店に着きます。お店に着いたら、4階にフロントがありますので、階段を利用して4階フロントに移動します。
フロントは小さな窓口があり係員の人がいます。まずは受付と料金の支払いを行います。

料金は3時間2,000円、6時間4,000円、12時間6,000円です。できれば長時間利用したほうがお得です。また女装等のオプションもあります。

受付が終わると、ロッカーの鍵をもらえます。ロッカーの中に、バスタオル等が入っていますので、それを取り自分の貴重品などをロッカーの中に入れます。ロッカーの鍵は再度受付の人に返し、鍵と引き換えにリストバンドが渡されます。

受付フロアにはシャワールームや個室が完備されております。個室では、DVDを見ることも可能で、DVDは受付フロアで貸し出しを行っています。

5階に上がると、ラウンジがありここでお酒を楽しんだり、他の人と交流を深めることができます。ここで隅っこのほうに座り性行為をしている人もいます。また、他の部屋では、個室やSMルームもあり、ここでも性行為を行うことが可能です。

個室は基本的にシングルベットですが、性行為をするだけであれば十分なスペースかと思います。

池袋 OWL(アウル)にいるゲイの特徴

イケメン系が多くいかにもいやらしそうな顔をしている人が多いです。年齢層としては20代から30代の人が多くいました。

一番印象に残っている体験

私がここで1番印象に残っている体験は、ラウンジで知り合った私と同い年のイケメン男性です。ラウンジで知り合い、いろいろな話をしていると自分と同じような趣味があり、共通点も多いことで私の方からアタックしていきました。

話をしている途中に相手の太もも付近を触り、ゆっくりと顔を近づけキスをしました。相手も受け入れてくれたので、ラウンジの隅の方のソファーに移動し、そこでお互いの陰部を触ったり、他の客が見ている中で性行為まで行いました。

その後、私はその人ともっと時間を過ごしたかったので、時間を延長し、個室に移動。そこでも性行為を行い、お互いに疲れが溜まってしまったのでそのまま一夜を過ごしました。お店を出る前にも性行為を行いました。

コンドームを使用しなかったので物凄く興奮した体験となりました。

まとめ・池袋 OWL(アウル)へ行こうか迷っている人へ

アウルはお店自体は小さく感じますが中はとても広々としています。また、若いゲイが多く集まっているので、若い人あるいは若い人に興味がある人にはとてもオススメです。


すぐに出会いたいなら、マッチドットコム

ハッテン場は、手間と時間がかかり出会えるかどうかはその日次第ですが、手間をかけず効率的にゲイと出会いたい人には、Match(マッチドットコム)が最もオススメです。

アダルト目的のゲイがほかのサイトと比べ圧倒的に多いのが特徴で、即ヤリたいときに活用するといいでしょう。

画像にあるように、最初に自分の性別と探したい相手の性別を入力します。
男女だけの出会いを前提としていないので、数多くのゲイが登録しています。

世界で1500万人、日本国内でも187万名が利用しています。

タイプ:出会いサイト
年代:~20代、30代、40代、50代以上
客層:オールジャンル、スリム、スジ筋、標準体型、ガチムチ、フケ専
料金:月額1,940円〜
営業時間:24時間
住所:ー

Match(マッチドットコム)はこちら

体験談カテゴリの最新記事